会社内の移動に支障はないか

会社内の移動に支障はないか、通勤は問題なくできるのかということが、下肢障がい者が就職活動するときの壁となるものです。自動車通勤ができるかどうかが、通勤手段のひとつのポイントとなるものです。駐車場が都心部よりも郊外型のオフィスのほうが、整備されていることがよくあります。就労形態も今ではいろいろあるので、柔軟に時差通勤などにも対応してくれる会社も案外多いといいます。移動が下肢障がい者だということで大変でも、通勤ラッシュを時差通勤にして避けるといったこともできるでしょう。企業側が下肢障がい者を受け入れられないと考えている理由のひとつに、会社内の移動についてバリアフリーではないことをあげています。下肢障がい者がみんな働くことが、エレベーター完備のバリアフリー環境でなければ難しいというわけではないのです。普通の洋式トイレがあればトイレの利用は問題ないという人も、車イス使用者の中にはいるそうです。障がいの内容を就職活動では正しく伝えたほうが良いでしょう。最初にこういう施設があれば問題ないということを話すことで、就職のチャンスをつかむこともできるでしょう。選考を就職のために受ける場合にチェックしたおいたほうが良いのは、移動の機会は多いか、長時間の立ち仕事はないかということです。スムーズに社内のドアの開閉ができるかどうかなども、下肢障がい者の就職では確認しなければなりません。